M&Aニュース

ジャパンディスプレイが有機ELのJOLEDを子会社化、有機EL事業強化へ

ジャパンディスプレイが有機ELのJOLEDを子会社化した。

JOLEDは、2016年9月に印刷OLEDパイロットラインを立ち上げ、事業化を検討しているが、今後のJOLEDの事業化加速のためには、JDIとの連携を一層深めるべきと判断。JDIによるJOELD連結子会社化を決めた。(中略)JOLEDの子会社化により、印刷方式OLEDによる中型から大型への事業領域を拡大。さらにフロントプレーンの技術ポートフォリオ拡充や開発強化、LTPS/酸化物半導体などの共通バックプレーン技術の開発リソース結集、調達や本社機能などのリソース共通化が図れるとしている。(http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1036343.html)

ジャパンディスプレイは、ソニー・東芝・日立製作所の液晶ディスプレイ事業を統合したメーカーで、官民ファンドの産業革新機構が筆頭株主として出資している。最近は海外メーカーとの競争の激化もあり、収益が低迷している。有機ELはスマホ画面を始めとしたデバイスに用いられることから、成長が期待されている分野。ジャパンディスプレイは来年9月を目処にJOLEDを子会社化を完全子会社化する構えだ。

関連記事

Copyright 2016 xxxInc. All rights reserved.